マンション経営の魅力
Attraction of Condominium Management

資産形成として

資産運用をプラスに働かせていくには、収益性とリスクのバランスがとれた商品を選ぶことが最も重要なポイントです。マンション経営は、手間が少なく比較的低リスクで、資産形成として魅力的な商品と言われています。どういった面で良いと言われているのか、他の金融商品と比較して見ていきましょう。

有価証券(株)

資産運用と聞くと、有価証券を想像される方も多いのではないでしょうか?最近では、インターネットや携帯のアプリなどで、取引きが簡単に出来る様になりました。ネットの普及により、以前よりも身近な存在になりつつあるこちらの投資。有価証券は、確かに収益性の非常に高いものも存在します。しかし、投資先の銘柄の種類が非常に多く、選択した銘柄により大きく左右される、いわゆるハイリスク・ハイリターンと呼ばれる種類の資産運用方法です。また景気動向などにも大きな影響を受けるので、紙くず同様となってしまうケースも。タイミングや豊富な知識、経験がものを言う運用方法。どの運用にも言えることですが、ハイリスク・ハイリターンの運用は特に、確実に資産を形成できますと断言はしがたいものになります。

不動産投資信託

一般的な不動産は、流動性以外の面が優れていると言われています。しかし有価証券同様、不動産も目利きがものを言います。有価証券以上に専門的な知識、情報ネットワークなどが必要となる資産運用方法です。また、長期金利の変動に影響を受けやすく、銀行ローンなどの借り入れは、マンション経営に比べると難しいとされています。

定期預金

極めてリスクが低く、手間なども掛からないのが定期預金。しかし、資産を増やすという面では不利と言えるでしょう。歴史的な低金利時代を迎えている現在。【定期預金で資産運用】は、考えづらいと言えるでしょう。

マンション経営

マンション経営は、株式投資等と異なり実物資産となるので、株式投資と比べ価値が下がる心配が少なく、国内外の為替変動の影響も受けにくい、比較的リスクが少ない資産運用です。また、オーナー様の収入となる家賃は一般に物価と連動して上がっていくと言われており、このことも大きなメリットといえるでしょう。実際に、毎年100万円の収益を得る方法を、それぞれの金融商品と比較してみました。

100万円の収益を毎年得るには?

マンション経営は、株式投資等と異なり実物資産となるので、株式投資と比べ価値が下がる心配が少なく、国内外の為替変動の影響も受けにくい、比較的リスクが少ない資産運用です。また、オーナー様の収入となる家賃は一般に物価と連動して上がっていくと言われており、このことも大きなメリットといえるでしょう。実際に、毎年100万円の収益を得る方法を、それぞれの金融商品と比較してみました。

価格2,000万円の投資用マンションと同じ収益を毎年得るには、大口定期預金でも100億円もの原資が必要となります。しかも、株式投資では売却しなければ利益を得ることができず、配当収入も確実なものではありません。

金融商品 マンション投資
株式 高い配当を得ることもあるが、元本割れの危険性もあり、ハイリスクのハイリターン場合がある。 安定した家賃収入が得られる。
不動産
投資信託
長期金利の変動に影響を受けやすい。銀行ローンなどの借入が難しく、現金購入が原則である。 銀行ローンが利用でき、レバレッジの効いた投資を行うことができる。
定期預金 現在歴史的な低金利で、都市銀行の1年間の大口預金でも利息が0.01%となっている。さらに、インフレにより現金の価値は下落する傾向にある。 利回りは4%以上の場合が多く、家賃は物価上昇の影響を受けづらい。マンション価格は景気回復によって上昇する場合も。