マンション経営の魅力
Attraction of Condominium Management

生命保険として

マンション経営を始められるご本人や、そのご家族からよくお伺いするのは【長期のローンだから、返済中に万が一のことがあった場合、どうなってしまうのか?】という心配の声。確かに、【もし完済前に万が一のことがあった場合、残った家族に迷惑がかかるのでは・・・・・・。】と心配になるのは、ごく当たり前のことでしょう。そんな不安を解消する仕組みがマンション経営にはあります。マンション経営は、ただ収益を生み出すだけではなく、生命保険としての役割を担うことも可能なのです。

団体信用生命保険に加入することで、万が一の事態にしっかり備えることが出来ます。

マンションを購入する際、大体の方がローンを組まれます。その際、同時に【団体信用生命保険】という保険にご加入いただきます。この保険は、名義人の方がローン返済中に、万が一死亡もしくは所定の高度障害になられた際、残債務を名義人様の代わりに完済するという保険です。もしも名義人の方に万が一のことがあっても、この保険に加入されていれば、残されたご家族へ負担がかかることはございません。そして、残されたご家族にはマンションと家賃収入という、二つの資産を残すことが出来るのです。

現在、加入されている生命保険の内容を見直す方も。

【団体信用生命保険に加入するということは、生命保険の代わりになるのでは?】と考え、マンション経営を始める際に現在加入している生命保険を見直す方も多いようです。先程の説明の通り、団体信用生命保険に加入すれば、名義人の方に万が一のことがあっても、ご家族に負担をかけることはございません。そして残されたご家族には、ローンの支払い義務がなくなった【マンション】と月々の安定した【家賃収入】という資産が残されます。また、一般的に世帯主の生命保険料は年を重ねるごとに増額されていく傾向にありますが、マンション経営の支払いは月々ほぼ一定の為、定年退職までの生活設計が立てやすくなります。

※資料参照