マンション経営の魅力
Attraction of Condominium Management

税金対策として

所得税、住民税の対策

マンション経営をするにあたり、事前に様々な税のしくみを理解しておくと、対処によって節税効果を期待できます。所得税の場合ですと、マンション経営によって得る賃貸収入よりも、修繕費や減価償却費、固定資産税や修繕費などの【必要経費】や【ローン返済】が上回った場合は【税務上赤字】になります。税務上赤字になると、【損益通算】が可能になります。これは、税務上赤字の部分を所得などから差引くものです。損益通算を行った結果として、所得の合計が少なくなります。そうなると、確定申告で、計算上多く支払った分の【所得税の還付】を受けることが出来るのです。また、確定申告時の所得税の納税額で住民税を算出するので、結果として住民税も節税することが出来るのです。

相続税の対策

相続や贈与に対しての税金について、詳しい方でなくとも負担が大きい税金だという印象をお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか。実際、相続や贈与の対象が現金や有価証券の場合、時価に対して課税されることになるので、かなり大きな負担となるのが予想されます。一方、対象が不動産の場合、時価ではなく固定資産評価額、路線価などから算出された金額に対して課税されます。その評価は、例えば現金2000万円と、同額のマンションを所持している不動産の場合、前者はそのまま2000万に課税され、後者は現金に比べ約1/3の価格の約730万円が課税対象になります。不動産は、課税の圧縮が期待できるといえます。