地価上昇?不動産投資の追い風になり得るオリンピック

涼子です!
みなさん3連休はいかが過ごされましたか?
3連休って、本当にあっという間。

そういえば、2018年は大型連休は少ない代わりに、3連休は結構あるとかないとか。
大型連休が少ないのは残念ですが、3連休が多いっていうのも、なかなか魅力的です♡

そんなこんなで今週も、頑張りましょう^^

前回は東京オリンピックを不動産投資の観点で見ましたね。
オリンピックの開催に向けインフラが整備された東京は

【ますます住みやすい街】へと進化し、その結果東京の地価は上昇するという予測が強いと前回お伝えしました。

では、
具体的にはどの辺りの地価があがるのか?
押さえておきたいポイントですよね。

東京はもちろんのこと、その他に神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県で強くみられるであろうと予測されています。
これは確かに、納得ですよね。
交通網が整備されることによって、今よりもさらに隣県が近くなる。

ということは、神奈川、千葉、埼玉もさらに住みやすい土地になるということが私でも容易に想像できます。

ではではさらにコアな部分!!

【主に東京のどの地域が、地価上昇率が高いの?】

これはずばり、湾岸エリアと言えそうです。
東京オリンピック開催が決定した翌年の平成26年度から、東京の地価上昇は既に始まっているのは周知の事実。
眺望や都心からの近さが魅力の【湾岸エリア】も、近年の不動産市場で既に人気の地区ではあります。
そこに湧いた、来たるオリンピックで、このエリアでの様々な競技が実施されるという話。
景気の良い話題に、これまでの人気がさらに拍車がかかるだろうと予測する専門家が多いのだそう。

しかしこれは、あくまでも予測。

実際にどうなるかは、やはりその時しか、分かりませんよね。
どちらにしても、オリンピック開催前と開催後。

このオリンピックという世界的大イベントは、地価上昇の追い風になるのに十分すぎるほどの要素ということはきっと誰もが感じているはず。
そしてオリンピック前の今、確実に言えることがあります。
先ほどの一都三県、これからオリンピックにむけての賃貸需要はさらに高まるはずです。

既に、高まっていると言っても良いかもしれません。

では、どの層に?
そしてその層は、決して1つとは限らないのが面白い所。
ここを把握することで、どんな間取りのマンションを購入すべきか見えてくるはず。

ヒントは、これまでの中にいくつもちりばめられていますよ♡

次回、あなたならどっちを選ぶ?
賃貸需要から見える、購入する部屋の選び方。

関連記事

アパート経営?マンション経営?
涼子です! いつかな~そろそろかな~、と思っているうちに、いつの間にか入っていたんですね、梅雨! でも今年は雨量...
2017.06.16 READ MORE
インフラ整備で東京の地価はどう変わる?
涼子です! あっという間に今週も金曜日。でも、今週の金曜日は・・・・・・3連休ですね~♡ 連休前の前日が、実は一...
2018.02.09 READ MORE
キャッシュフローって、聞いたことあるけど・・・
涼子です。 今年の夏って猛暑になるとは聞いてたけど、梅雨も明けてないのにこんなに暑いなんて!涙 みなさんは夏バテ、大...
2016.07.08 READ MORE

記事一覧を見る