東京オリンピックと不動産

涼子です!

私が働く会社、去年引っ越しをして新しいオフィスになったんですが、その街がまぁ、ランチには困らないほどお店がひしめきあう街で。
でもどちらかというと、OLが喜びそうなというよりは、サラリーマンの方がぱぱぱっとランチを済ませるというお店が多い感じ。美味しいラーメン屋さんや定食屋さんがあったりで、それはそれで楽しんでいたのですが。

見つけちゃいました、めちゃくちゃ穴場♡

野菜たっぷりメニューがメインで、落ち着いた空間で、なぜかすいている、そして会社から近い!!

ちょっとだけお値段がお高めなので、毎日は行けませんが、ちょこちょこ行こうと思います♡

そしてそして、街中を歩いているとだんだん目に留まるようになってきたのが

「東京オリンピック」に関連するポスターや広告。
今現在、2018年。オリンピックまであと2年。

もう絶対にこれ、あっという間にきますよね。きっと来年になったら、「あと1年!!」という感じで今年以上に盛り上がり始めるでしょうし。

ふと思ったんです。

東京オリンピックが絡んで発生する経済効果や不動産への影響って、果たしてどのくらいのものなんだろうと。
色々テレビやニュースで流れていますが、ちょっと他人事だった私。

前回まで書いていた民泊だって、オリンピックに備えた対策の1つですよね。

ここは、直前になって焦るより、2年前の今(もう遅い!?)把握しておこうと思い立ったわけであります。

オリンピックが東京で開催されると決まったその日から、様々な整備が行われ始めましたよね。
競技場を新しく建設したり、新しい道路、鉄道の整備、選手村の設営などなど、今この瞬間も、日本はオリンピックに向けて着々と準備を進めています。

やっぱり、なんだかんだで期待が膨らんじゃいますよね。

ただその一方で、オリンピック開催による、テロの危険性の増大に対する不安の声や、こんな地震大国で大丈夫なのかという声、そもそもその予算を、東日本大震災の方へ向けた方が良いのではないかという声も無視してはいけない問題です。

そして、そもそもオリンピックが与える経済効果が、一国の経済を動かすには不十分なのでは?という声もあります。

ここまでお金を使っておいて・・・・・・?

と、単純に思ってしまいましたが。実際のところ、どうなのでしょうか。

東京オリンピックが日本経済に与える影響は、良いものもあれば、逆にそうでないものも、もちろんあるはず。
そしてそのそれぞれが、どんなふうに不動産に関わっていくのか、次回以降お届けしていきたいと思います。

日本の経済や不動産、特にマンション購入はどのくらいの影響があるのか、最終的にはそこまでいけたらと思っています。

関連記事

2018年は、民泊元年になりそうです。~民泊解放!~
涼子です! 今日は3連休を抜けての金曜日! 4日しか働いていないのに、まだやっぱり身体が怠けているのでしょう...
2018.01.12 READ MORE
オリンピック前に、高くなる?
涼子です。 あぁぁぁなんだか師走感満載のこの1ヶ月。 年賀状のデザインを発注して届いたまではいいのですが、会社の...
2017.12.19 READ MORE
インフレの恐怖!固定資産で乗り切れる?
涼子です。 なんだか最近、世界情勢が混沌としていますね。 フランスや韓国では新しいトップが決まり、北朝鮮は相変わ...
2017.05.16 READ MORE

記事一覧を見る