オリンピック前に、高くなる?

涼子です。

あぁぁぁなんだか師走感満載のこの1ヶ月。
年賀状のデザインを発注して届いたまではいいのですが、会社の引っ越しやらなにやらに追われ、結局書き始めるのはいつもと同じくらいという。
みなさまはもう、年末に向けての準備は万端ですか?

あ、というかそろそろクリスマスですね!!♡

今気づくなんて、いかに私がなにもないかということが、ばれてしまいますね(苦笑)
でもあのクリスマスの雰囲気は本当に大好き。
さて、タイトルの、「オリンピック前に、高くなる?」ですが。

問題! 何が高くなるのでしょう!☆彡
もうほぼ100%の方が正解だと思いますが、一応正解を言いますね(笑)

そう、マンションの価格。です。

この前、ちょっと興味深いグラフを見る機会があったんです。
仕事先での打ち合わせの際、不動産(主に土地やマンション)を営むクライアントさんが持ってきたグラフ。
マンションの売り上げ戸数を年毎に見た、シンプルな折れ線グラフだったんですが。
2つだけとびぬけて、異常なほど売り上げがぐんっと伸びている年が。

何年だろうこれ、と見てみると。

2013年と2014年。

ここで、ピンッときた方、さすがです。
さて、2014年、日本では何が起こったんでしたっけ。

ずばり。

消費税が、5%から8パーセントへと増税された年ですよね!!!

購入を考えていた人たちが、「どうせ買うなら、増税前に!!」と、前年の2013年からどどどどどど~!!っと購入を決めてきた結果が、顕著にグラフに現れていたのですね。
そういえば、マンションまで大きな買い物じゃなくても、テレビのCMとかで、「増税前のラストセール!」とかよくやっていましたよね。大物家電とかも、増税前に買い替えた人も周りでは少なくありませんでした。

ましてやマンション。桁が全然違います。

日を1日またぐだけで、3%も違うとなれば、そりゃあ増税前に。って話になるのが自然ですよね。

で、です。

これと全く同じことが、近い将来また、起こりますよね。もうこれは、ほぼほぼ間違いない。
増税10%。今現在の時点では、2019年10月に増税されると言われています。

まぁ、一度延期されているので、今回も実際のところ、どうなるかは分かりませんが。
ただ、もし予定通りにあとほぼ2年後に増税が実施されるとしたら。

今、真剣にマンション購入を考えている方々(私含め)・・・・・・どうしますか?
出来れば、購入したいですよね、うん、しておきたい。(苦笑)

しかも、需要が高まってくると、物価もどうしても上がってきてしまうのが現実。

賃貸業で、2・3・4月の家賃がいきなり上がるのも、上京や就職で引っ越しをする人が多い季節だから。
需要が高まるからこそ、高くしてもすぐに決まるんです。
これと同じことが、マンション購入においても言えますよね。

ならば、不動産にとっての増税バブルが始まる前に購入しておくのが、賢い選択だと思うのです。

実際、本当に2019年、増税するかはわかりませんが・・・・・・。でもいつかは必ず10%になるはず。

今すぐではなくても増税のことと購入するタイミング、頭の片隅に入れておかれることを、おすすめします!