ピンからキリまで。不動産業者。

涼子です!

みなさん、年賀状はもう準備し始めましたか?

恥ずかしながら、私は毎年ぎりぎりです。
今年は早めにとりかかろうということで、早速デザインやら枚数やらをこの前の週末に決めました♪

その後、友人とご飯を食べに行ってきたのですが。その時に聞いた、こわーい話。

その子は私と地元が一緒の、東京でバリバリ働くキャリアウーマン。

私が不動産投資ローンを勉強していることを以前から知ってた友人は、「そろそろ私もマンション1部屋購入、考えようかな・・・・・・。」と思い始めたそうなんです。

行動力には定評があるその子、早速パッと見つけた不動産業者に行ってみたんだそうです。
でも、その不動産業者が、まさかのキリの方。すごい怖い体験をしてしまったのです。
高層ビルの中にある、綺麗なオフィス。

そこで「とりあえず投資か自分用かもまだ分からないけど、購入を検討している」ということを伝えた友人。

営業の方は(最初は)穏やかで優しい感じで、色々と相談に乗ってくれたそう。具体的なお金の話、月何万円まで払えるか、もし不動産投資として購入した場合の話など、あらゆる話をしていたら、気づくともう3時間もたっていたんだとか。

さすがに長居しすぎたと感じた友人は「ありがとうございました。伺った話を整理して、また改めてお邪魔させていただきます。」

と帰ろうとしたところ・・・・・・

「あ、ちょっと待ってください。今ものすごいおすすめの、○○さんにジャストな物件があるので、それだけでも見ていってください!」

と、部屋から出ていってしまったそうなんです。
勝手に帰るのも気まずいからと、営業さんが戻るのを待っていたところ。
戻ってきたのは、さっきまでの営業さんとは全くの別人! こわもてのいかつい男性が入ってきて、戸惑う友人そっちのけで、物件の紹介をし始めたんだそう。

なんだかやばい気がした友人。その予感、見事に的中(涙)
帰ろうとしても、まぁまぁまぁと帰してもらえず、さすがに怖くなった友人は

「今日は何かを決めにきたわけではありませんので、帰ります。」とはっきり言ったのですが、その返事は

「ここまで色々お話しを聞いたってことは、部屋を決める気があったってことでしょう? 契約結んでもらうまで帰すわけにはいかないんですよね。」

と、まるで脅迫まがいの言葉を言われたのです。

これは、やばい。
頭の回転も速いと定評のある友人(笑)

「分かりました。ちょっとのどが渇いたので、おかわりいただけますか?」

と言い、コワモテの営業がお茶を取りに行っている間に、さっとエレベーターに乗って逃げ帰ってきたのだそう。

家についてから、そこの会社をネットで調べたら、自分と同じ体験をした人の口コミが出てくる出てくる。

「高層ビルのきれいなオフィスだから安心していたけど、ほんっとにこわかった。事前に調べてからいくべきだった~。」

って、本当にその通りです(苦笑)

しかも、私に話してくれたら、スイートハウジングさん紹介できたのに……。
スイートハウジングさんは、間違いなく、ピンの方。

でもほんとにこの話が、昔とかじゃなく今現在の話なんて。怖いですよね……。

不動産投資ブームと低金利が重なって、以前にも増して不動産業者が軒を連ねる現在。
その業者がピンかキリかによって、人生そのものに大きな影響を及ぼします。
だからといって、じゃあどういうのが良い不動産業者なの? という方、多いのではないでしょうか。

次回は私が、実際今マンション投資で成功しているオーナーさんから聞いた「良い不動産業者の見極め方」をお届けします。
そして女性が不動産業者に行くときは、初めは出来れば2人で(男性なら尚良し)行った方が、リスク回避できるかもしれませんね。
聞くだけでぞっとした話でした。

みなさんも、くれぐれもお気をつけください!

関連記事

とっておきの、家賃を高くする方法。
涼子です! なんだかなんだか、もう暑くないですか!? いきなりこんなに暑くなるとは予想外すぎて、衣替えが間に合いません...
2017.04.25 READ MORE
なんと、会社訪問してきちゃいました。
涼子です! えぇぇぇぇと、もう冒頭に書いちゃっているのですが。 なんと。 いちOLの私。 このWEBを展開してい...
2016.07.26 READ MORE
マンション投資、狙い目の地区とは。
涼子です。 いやぁぁぁぁぁぁぁぁ、涼子、大人なのに。 私、大人なのに、まさかの【おたふく風邪】になってしまいました!...
2016.09.27 READ MORE

記事一覧を見る