自分の貸借対照表を作りましょう。

涼子です!

年に2.3度、東京へとやってくる私の両親。
ついこの間もやってきました(笑)
私が引っ越したと聞いて、好奇心が止まらなくなってしまったみたいです。

新しい街で、みんなで食べたお肉。
美味しすぎました・・・・・・。

「今度また遊びにきたら、泊まらせてね~。」と去り際、ちゃっかりお願いされました♡
60代になってもまだまだ元気な両親。いつまでも元気でいてほしいものです^^

さて!みなさんは自分のお金の状況、しっかり把握できていますか?

金融機関に融資の申し込みをする際には、資金と負債の状況が分かる書類を提出する必要があるのだとか。
自分の貸借対照表があれば金融機関も自分自身も、一瞬で理解できるんですよね。

今日はそんな、貸借対照表について少し詳しくご説明です。

金融機関がチェックするのは、資産と負債の2つ

資産とは、現金のほかに、売却すればお金になるものを指します。
具体的に挙げると

・投資信託や株などの有価証券
・不動産
・車
・貯蓄型保険の解約返戻金

などなど。ちなみに、これらは、買った時の価格ではなく、その時の時価で考えます。

負債とは、借金のことですね。

具体的に挙げると

・住宅ローン
・自動車ローン
・カードローン

などなど。これらも、借入をした時の金額ではなく、ローンの残額で考えます。

貸借貸借対照表で大事なポイントは、資産が多いことではなく、

【純資産があること】

純資産とは、資産から負債を引いて、結果的に残った資産のことを指します。
貸借対照表(B/S)は、表の左側に資産・右側に負債を記入します。

資産から負債を引いて、資産が負債よりも多かったら→純資産がある→良い!

負債が資産よりも多かったら→債務超過→芳しくない・・・・・・。

貸借対照表って、お金の状況が一目で分かる優れものなんですね。

金融機関にとっては、ローンを滞りなく返済してもらうのが一番の目的。

その判断材料として、純資産があるのか、債務超過なのかを見るのはとても重要なことなのです。

そしてこれは、自分自身にとっても同じこと。
債務超過の状況で、新たに金融機関から融資を受けるのは、自分自身にとっても、決して軽くはないリスクになります。
出来れば、純資産を増やしてから、不動産投資を始めたいものですよね。

私の場合、まだ住宅ローンとかはありませんが、カードローンも立派な負債。
ポイント欲しさに、結構カードでお買い物していたなと思い出してしまいました(苦笑)
今一度、自分自身の貸借対照表を作成してみようと思います!

関連記事

お金持ちでも、融資を受けたがる理由とは。
涼子です! 衣替えをするタイミングがなく、ずるずるとここまで来てしまいましたが。 もうさすがに、寒いですね(涙)...
2017.10.27 READ MORE
キャッシュフローって、聞いたことあるけど・・・
涼子です。 今年の夏って猛暑になるとは聞いてたけど、梅雨も明けてないのにこんなに暑いなんて!涙 みなさんは夏バテ、大...
2016.07.08 READ MORE
マンションを購入のおはなし
涼子です。 早く暖かくならないかな~、とか言っていたものの、春になったら花粉症がひどくなることをすっかり忘れていた私!...
2017.02.24 READ MORE

記事一覧を見る