都心回帰が始まった!?

涼子です!

昨日無事、分譲マンションの賃貸契約を結んできました~!
新しい街での新しい生活。

なんだか、ちょっと、そわそわします。ずっと長く住んできた街と離れるのはやっぱり少し寂しいですが。

いつでもまた遊びに行けるし、まぁまず、楽しもうと思います♡

そして、昨日賃貸会社の営業さんと色々世間話をしてた時に出てきたこの会話。

営業さん:「それにしても、最近涼子さんと同じような理由で物件を探す人、すっごい増えてきてるんですよね~。」

涼子:「同じような理由?あ、会社が遠くなるから近くに引っ越そうみたいな動機の方ということですか?」

営業さん:「そうですそうです。賃貸だから言えることなのかもしれませんが。例えば、これがマイホーム購入とからならまた別なんですよね。いくら会社から遠くても、マイホームを持つなら、遠くても仕方ない。」

涼子:「・・・・・・でも、賃貸なら。」

営業さん:「それ!賃貸なら、都心に勤める方にとって、近い方が断然メリットの方が大きい。もちろんそれって、昔からのことなんですけど、実際働いてると感じるんですよね、最近それが顕著だなぁって。」

確かに。

私自身今住んでる街からも、移転後の会社には行けなくも、ない。

でも。

やっぱり少しでも近い方がいい!

実際私も、そう思って引っ越しを決めたんだったことを思い出しました。

そして、今の動向を一番早く感じることが出来る営業さんが言ってるんだから、それって確信に近いのでは?と思った私。
家に帰って早速調べてみたら・・・・・・。
やっぱり始まってました、都心回帰。

リクルート住まいカンパニーの調査によると


――――――――――――
リクルート住まいカンパニー調べ
『2016年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)』
――――――――――――

【首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)の賃貸住宅に住む人たちの間で、通勤時間が短縮傾向になっている。
2016年度に賃貸住宅を契約した人の平均通勤時間は40.5分。これは過去3年間で最短の時間。】

そして通勤時間が【「30分未満」が3割弱を占める。】
30分以下の比率も増加傾向に!

調査上でも、れっきとした都心回帰が起きていました。
やはり、現場の声は正しかったようです・・・・・・。
私自身、上記の通勤時間30分以下の場所を実は選びました。

この結果から見えてくること。
マンションの不動産投資をするなら、やはり都心のマンションを狙うのが賢い。
もちろん時代やタイミングにもよります。
でも今は、このタイミングで購入するなら。

都心を狙うのが、賢い選択になりそう・・・・・・うん、なりそう・・・・・・なるだろうな・・・・・・。

早く、買いたい(笑)

まずは、引っ越し準備、頑張ります!