マンション投資なら間取りが重要!?

涼子です。

楽しかったGWから、はや2週間。
5月病とまではいかないながらも、なんだかけだるい今日この頃。
あ、そうか。そろそろ、梅雨ですか?あ、まだ早いですか?

4月までの繁忙期の疲れが、ここににてどっと出た感じが。
こんな時は、大好きな甘い物を食べて、パワーをチャージです!

おなかを満たしてくれたところで、本日のコラム、行きましょう。

ずばり、【マンション投資は、間取りが重要ポイント】です。

実際にマンション購入を検討した時のシチュエーションを考えて、今まで
【家賃の決め方・お得な情報】
【購入するなら中古か新築か】
などなど勉強してきましたが、実際に買う!!となると気になることはまだまだたくさん。

そして今回気になったのが、

【果たしてどのくらいの間取りが一番空室リスクが少ないの?】という疑問。

住居用としてなら、住む人数に合わせた間取りを購入すれば問題なし。その時2人夫婦でも、将来子供が出来たときのことを考えて、広めの住宅を購入する人も多いでしょう。

では。

マンション投資を目的とした場合、どんな間取りが一番入居率が高いのか・・・・・・。
みなさんは、何だと思いますか?

ちなみに、


・浜松の親戚オーナー所有マンションは、全て1K。
・横須賀のマンションオーナーは、1DK。
・参宮橋の友人マンション(現在は友人が住んでますが、いずれ賃貸に出す予定)も、1DK。

これ、答え言っているようなものですね(苦笑)

そうです、不動産投資としてのマンション購入なら、1K~1DKの間取りがベター!!!
1K~1Dkだと、一人暮らしもしくは夫婦二人暮らしくらいの大きさですね。

これは本当にポイントです。

もし最初自分の住居用として購入し、いずれは賃貸に・・・・・・。と考えていても、出来るなら1DK以上の間取りを購入するのは、いざ賃貸に出した時の空室リスクが上がるかも。

マンション投資なら単身用、もしくは二人暮らし用が好都合!♡
でも、なぜそう言われているのでしょう?
しっかり理由がありました!

次回は、なぜ単身用~二人暮らしまでの間取りが不動産投資によしとされているのか?
その理由に迫っていきたいと思います♡

関連記事

どんな風に家賃って決めるの?
涼子です! ようやく都内の桜も見ごろの季節!!! 今年はやっぱり寒かったせいか、桜が満開になるまでに時間がかかりました...
2017.04.04 READ MORE
マンションを購入のおはなし
涼子です。 早く暖かくならないかな~、とか言っていたものの、春になったら花粉症がひどくなることをすっかり忘れていた私!...
2017.02.24 READ MORE
うちの家賃は下がったんです。
涼子です。 ニュースを見ていてびっくりしたんですが、あっという間にお花見の季節なんですね! まだまだ冬って思っていたけ...
2017.03.24 READ MORE

記事一覧を見る