不動産投資。新築マンションのメリット・デメリットとは!?

涼子です!

GW真っ只中ですね♡
今年のGWは晴れの日が多いらしく、絶好の休日日和!!
今日は午前中まででお仕事はおしまいだったので、景気づけに人気のお店でランチしてきました♪

ついに明日から5連休・・・・・・♡

と、その前に。

しっかりレポートしていきたいと思います!

前回、いざマンションを購入するとなった時に、【新築】と【中古】ってどちらが良いのかと迷ったりしないものかとふと気づいた私。

そして、それは【不動産投資用】と【自分たちの住居用】と、状況によって違ってくるものなの??

これは調べたもの勝ち!となり、今日はさっそく【新築マンション】のメリット・デメリットをリポートします!

【新築マンション】と【中古マンション】を比べるにあたってのポイントは大きく分けるとこの5つに振り分けられます。

Point1:初期投資額
point2:資産価値
point3:利回り
point4:空室率
point5:維持費

この5つに焦点をあてて、【新築マンション】を見て行くと・・・・・・?

【新築マンションのメリット】

Point1:少ない初期投資額(自己資金)でスタートできる
point2:資産価値が高い
point4:空室リスクが低い
point5:維持費が抑えられる

Point1・Point2について
この2つのメリットは、言い方を変えると「金融機関からの融資が受けやすく、更に中古マンションに比べ、融資額も高め」と言えます。「資産価値が高く、返済の見込みがある」と認められると、融資額もアップします。結果的に少ない自己資金で不動産投資をスタートすることが可能に。評価の高い物件のなかには、なんと100%融資の場合もあるんだとか。

point4について
物件が新しければ新しいほど、空室リスクは低く抑えられます。また、全ての物件ではありませんが、新築の中には「長期空室保証」というリスクヘッジが出来る物件も。

point5について
新築は、建物・設備が新しいので、しばらくは修繕を考える必要がありません。その分、維持費が抑えられます。

【新築マンションのデメリット】

Point1:価格自体が高い
point3:利回りが低い

Point1・point3について
これは当然のことではありますが、中古マンションに比べると、やはりマンションそのものの価格は高くなります。ということは、利回りも低くなる。そういうことですね。

以上!

当たり前だけど、やっぱりメリットもあればデメリットもありました。
少ない自己資金でスタートできるというのは、とても大きなメリットにも感じます。

でも中古には中古の、新築とは違う魅力があるから、これだけリノベーションマンションが流行っているんですよねきっと。
その秘密は、中古物件のメリット部分に隠れているのでしょうか?

次回は【中古マンション】のメリット・デメリットについて!

みなさん、素敵なGWをお過ごしくださいね♡