借りたい街と、買いたい街

涼子です!

私事ですが・・・・・・
結婚・・・・・・・・・

ラッシュです(苦笑)
そして私も、その流れに乗りたいところではありますが、むむむむむ(苦笑)
今年に入って、もう既に4回目!!♡

おめでたいし、ものすっごく嬉しい!!!と共に、絶賛の財政難に陥っています・・・・・・ご祝儀貧乏とは、よく言ったものですね(涙)
でもやっぱりおめでたい!♡

気持ちあらたに夫婦そろって住む場所は決めた?と、結婚した友人たちに聞くと、
広尾だったり武蔵小杉だったり吉祥寺だったりと、それはそれは新婚さんにもってこいの華やかな土地ばかり!!

でもそこで、私、面白い情報キャッチしちゃったんです。
というのも、恵比須に新居を構えた友人のこの言葉がきっかけ。
「借りたい土地と、いつか住むように買いたい土地は全然違うんだよねやっぱり♡」

ピンっときた私、早速調べてきたら、興味深いデータが出てきました。
まず今日は、私の友人たちが「一度は住みたい!」とこぞってそれぞれの新居へと移り住んだ
借りて住みたい街ランキングからご覧ください(うらやましい)

【2017年:借りて住みたい街はどこ!最新ランキング】

1位:池袋
2位:三軒茶屋
3位:武蔵小杉
4位:川崎
5位:中野
6位:高円寺
7位:恵比寿
8位:大宮
9位:吉祥寺
10位:荻窪
(出典:不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S』調べ)

本音としては、池袋が1位というのに少し驚き。
住みたい街ランキングのイメージだけでいえば、それこそ吉祥寺や恵比寿、武蔵小杉などをイメージしますが、吉祥寺はなんと9位。
しかしながら、池袋が1位に輝いた理由も納得なんです。ビッグターミナルとしての利便性が近年ますます上がってきていることは周知の事実。JR線、西武池袋線、東武東上線、更には東横線と副都心線が直通になったことで更に便利になりました。

土地自体広いイメージがある大型商業施設やバラエティ豊富な飲食店街、更には近年リニューアルされた池袋サンシャインの水族館など、エンターテイメント性まで加わったのも大きな要因でしょう。

毎年ランクインする上記の土地以外にも川崎・大宮・荻窪などを見ても、交通の利便性や生活の利便性が重要視されているのが分かります。

ここで分かったのが、いつもテレビなどで見る
「住みたい街ランキング」って。

実は

「(借りて)住みたい街ランキング」

だったんだってことに気づいたんです。
というのも、次回「買って住みたい街ランキング」を見たら、みなさんも
「あぁ、なるほど。」と頷くはず。

理想と現実とまでは行かなくても、そんな感覚を覚えてしまった涼子でした。

次回、お楽しみに!
そして私の財政難も、早くなんとかしなければ、です(涙)

参照:LIFULL HOME’S