覚えていますか?横須賀マンションオーナーの話。

涼子です!

実はこの前、以前こちらでもご紹介したマンションオーナーさんとご飯を食べに行く機会がありました。
というのも、その方は同じ町に住むオーナーさん。ばったり最寄駅で会った時の会話がこちら。

涼子:「あ~お久しぶりです!元気ですか~?」

オ:「おー久しぶりー!!元気だよ、涼子ちゃんも変わらず元気そうだね~。今もマンション投資の勉強頑張ってるの?」

涼子:「はい!どうですか、オーナー兼会社員生活順風満帆ですか?」

↑この方は、横須賀にマンションを所有されていて、普段は六本木で会社員をされています。

オ:「まぁぼちぼちね!今も仕事帰りだよ~。あ、そういえばこの前、横須賀の方の家賃さ、上がったよ。」

涼子:「あ、そうなんですね~!・・・・・・ん?家賃上がったって言いました?」

オ:「そうそう、入居者が変わった時に部屋の内見たちあったんだけど、その後管理会社から連絡があってね。」

涼子:「そ、その話、今度改めて詳しく教えてください!!!」

オ:「相変わらず真面目ですな。(笑)いいよ~いつでも。」

という流れのもと、お時間を作っていただき、その詳細を教えていただいたのです!

そしてその時行った時のロコモコが最高に美味しかった・・・・・・!!!
あんな美味しいロコモコ食べたの久しぶり・・・・・・。

以前の投稿をまだ読まれていない方の為にさらっと紹介しますね!

このオーナーさんの物件がなぜ横須賀なのかというと。

当時働いてたのが横須賀で、最初は不動産投資用としてではなく、数年間自分の住居用として暮らしていたから。そしてその後転職し、今は六本木に勤めているので、横須賀のマンションは賃貸として貸すことにしたんだそう。

そして、その買ったマンションの場所が、横須賀の米軍基地が目の前というところがミソなんです。

詳細はこちらから是非
横須賀、秘密のお得情報!
目から鱗、オーナーさんのリアルな話。横須賀かぁ~!

都内でもそうじゃなくても、そこが【需要のある土地】かどうかがポイント。もし自分が住まなくなっても、米軍の人の需要が高い土地だと分かっていたから、購入へと決めたのだそうです。実際今まで、空室になったことは一度もなし!

そしてかなりの裏情報がこれ。
米軍の方に部屋を貸す際、賃貸の値段は「日本の基準」ではなく「アメリカの基準」で決まり、そのお金は米軍基地から支払われるそうなんです。
つまり、同じ部屋を日本の方に貸すのと、米軍で働く方に貸すのでは、家賃が違うということ。

そして、なんと。

その方の部屋は日本の方に貸す1.4倍くらいの値段で貸せているんだそうです!
もちろん、その値段の差額は、「米軍の方に貸す」というリスクを踏まえたうえで生まれるという点もあるとは思いますが、1.4倍には正直驚きました。

これはほんとのほんとに裏情報。どこを探しても、なかなかこの情報は出てこなかった(笑)

そして、その方の家賃が今回更に上がったというわけです。

ちなみに値上げ額【1万円】だそうです。

1年で12万円。大きいですね。

どどど、どういうことなのでしょうか。

色々聞いていたら、そこには明るさしかない未来が見えてきたのです・・・・・・。
気になる詳細は、次回♡