二つの違いを把握せよ♡管理費とは?

涼子です!

先週の金曜日、プレミアムフライデーから一週間後の、至って普通、ノーマルフライデーの日。
姉が、少し遅めの誕生日祝いということで、夜ご飯をごちそうしてくれました♡
以前から行きたかった、古民家を改装した神楽坂のイタリアンへと足を運んできました♪

当然のことながら、互いに幼い頃のことを知る者同士。
思い出話に花が咲いて、あやうく終電を逃しそうに!ぎりぎりセーフで間に合いました!
私にとっては、かなり素敵なプレミアムフライデーとなったのでした♡
姉の誕生日、お返しになにをお願いされるのか若干びくびくしてはおりますが(苦笑)

さて!今日は「管理費」と「修繕積立金」の違いについて。

前回、住宅ローンの返済以外に月々かかる費用を勉強したのですが。その時、この2つって1つにまとめたらだめなのかしら?とふと疑問に感じたのがきっかけで、調べてみることにしたのです。

まずは基本的な知識として。

この2つ、両者どちらも、【マンション管理の為に徴収されるお金】という共通点があります。

マンション共有スペースで発生する水道光熱費や税金、保険料、管理人さんの人件費に至るまで、すべて、マンションの「管理組合」が窓口となって支払っています。そしてこのお金は、マンションの区分所有者がそれぞれ負担しています。

そしてこれらの、マンションの管理に関わるお金は目的・性質・周期によって2つに分けられるのです。

そうそれが、【管理費】と【修繕積立金】
結果として、この2つは似て非なる者でした。

まずは、管理費から見て行きましょう。

●管理費について

管理費は、日常的な、日々の管理業務費を支払うための費用のことをさします。

用途例としては、

1.共用スペースの水光熱費
2.管理人に支払うお金
3.清掃費
4.設備点検費
5.植栽の手入れ

などなど。

集め方は、毎月「管理費」として徴収されます。
管理費は、いかに決まった金額で業務内容の質を高めるかが重要です。

毎月徴収される金額が、実際の「管理費用」に見合った、適正の金額かどうかを年に1回など見直す機会があるとベター。
そしてもし出来ればですが、管理費の中に具体的に何が組み込まれているのかを事前に確認できれば、なお良いとのこと。

なるほど、なんだかだんだん分かってきました。

幼い頃、近所の管理人さんがとても良くしてくれた思い出のある私にとって、管理人さんという存在はとても、頼りがいのがる存在。でもまさか、その方への報償は、マンションの住人の方が払っていたとは!

日々出ていく、日常に向けてのお金が「管理費」
次の「修繕積立金」は、以前勉強した通り、大規模な修繕の未来に向けて。ということだったはず。

これもまた、大きな違いの1つだったんですね。

確かにこの2つをまとめて管理することは、いずれ費用計算などがごちゃごちゃになってしまいそうですね・・・・・・。
今までよりももう少し深く調べた「修繕積立金」については、次回乞うご期待です!