優秀管理会社、見極めポイントはこれだった!

涼子です。

なんと。

もう少しで、2017年になってから、一ヵ月が経つなんて!!
今日職場の先輩が、「あと、これを11回繰り返したら、今年も終わるのか・・・・・・。」
なんてことを言っていて、ぞっとしました。早すぎる。(苦笑)

1月2月はかなり寒い日が続きますが、それでもまだ快晴の日が多くて嬉しいですね。

写真は、この前うちに新入りした観葉植物のシマトネリコ。ずーっと欲しいと思っていたら、友人が誕生日プレゼントとして買ってきてくれたのです!!
嬉しくて、楽しくて、その日はだいぶ遅くまでガールズトーク、盛り上がりました~。
大きめサイズの植物を育てるのは初めてなので、おそるおそる育て始めています!大切にするぞ♡

さてさて今日は前回に引き続き、
【最高の管理会社の見つけ方】についてです。
前回は、【業者を探す時のポイント】をお伝えしましたね♡

そして今日は【その管理会社と契約して大丈夫かどうか】を見極めるポイント!!!
現役マンションオーナーの話はやっぱり、リアルで、聞くたびに目から鱗。
細かな部分は色々とありますが、優秀な管理会社の見極めポイントの一番は、これ!!!!

ずばり。

【入居者側のニーズや意見をオーナー側へバックしてくれる】

これが出来る管理会社なら、その他もろもろのポイントも、そつなくクリアしてくるそう。
確かにこれって、オーナー側としてものすごく重要!そしてすごく把握しておきたいこと!
実際に入居者のニーズや意見を聞ける環境にあるのは、オーナーではなく、管理会社なんですよね。
叔父に言われてみて初めて気づきました。

入居者側のニーズをしっかりとバックしてくれる→空室リスクの対応に繋がる→ニーズに合った設備などを整えられる→入居者ゲット

という、互いにwinwinのループが成り立つというわけ。
実際、叔父が今契約している管理会社は、しっかりとこのポイントを押さえてきているそう。

入居者側からのニーズを管理会社と話し合って、内装を変えたりすることも珍しくないそうです。ついこの前は、壁をアクセントクロスのブルーに変えたそう。
その他にも、壁の色を入居時に選ばせてあげるというサービスも行っているんだとか!

そんなサービスしてくれるところ、私初めて聞きました・・・・・・。
管理会社・オーナー、それぞれがそれぞれのことを考えて行動すると、こんな嬉しいサービスが誕生したりするんですね。感激すら覚えました。

そんな、感激と驚きにまみれていたら、叔父が一言。

「逆に言うと、そこまで真剣に考えてやっと、空室リスクの回避につながるってことだよ。」と。

うーーーんごもっとも!ご立派です!!
立地以外にも空室リスクの回避方法って、考えれば見つかるものなんですね。あぁほんとに、ありがたい話でした。
地域に合わせたトレンドを掴めるか掴めないかは、管理会社の出来次第にもよると言っても、過言じゃないかも。

管理会社を決める際は、「入居者のニーズって今、どんな感じなんですかね・・・・・・?」の返答内容を聞いてからでも、遅くはなさそうです。