勝利の秘訣は、失敗を知ること?

涼子です。

なんでですかね。
いきなり厳しくなるこの季節って、色々あるものなんでしょうか。

別れは突然です。
そういう、ものなのです。

今日、仕事が終わって帰路に着く途中。
親戚の家の猫ちゃん。そう、このところ話題にあがっていた、マンションを一棟もっている親戚の飼い猫、その名も「風太(ふうた)」が、今朝静かに、眠るように、息を引き取ったと連絡がありました。

きっと命って、そういうもの。

だけど、涙が止まりません。

一日一日を。大切に生きること。

それは猫も、人間も。同じです。

後悔しないように、大切な家族、友人に、ありがとうを伝えなくちゃと思った一日。

そして今、私がこうやって将来のことを考えて勉強していることも、大切なこと。
今、こうしてパソコンをカチカチできていることも、尊いことです。

昨日、冬のボーナスで買ったナイキのランニングシューズ。
風太のことを思い出しながら、この新しいシューズで、走ることにします。

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ad

改めて。噛みしめて。やっていこう。

今日は、前回知り合いの方の助言「なんでも自分のこととして考えるのが、スタート!」という言葉からの再出発です。

そこで私が考えたのが、今までは不動産投資の良い部分だけしか見てこなかった自分自身。
この不動産とかのジャンルに限らず、成功者は少なくとも1度や2度、失敗を味わっているはず。でも出来たら、自分自身、失敗はしたくないというのが人間の性(苦笑)

そして、初めて私は「不動産 失敗」というキーワードを検索したのでした。

でもそれは、失敗に怯えるという理由ではなく。

「失敗を知るからこそ、その先に勝利がある」ということに気付けたからです。
失敗をもとに、その原因を追究し、成功へと導く。
「失敗は成功のもと」

まさにその言葉通り。

どうしてそうゆうことになってしまったのか?→できたらそういう事態には陥りたく、ない!

失敗は失敗のままだと次にいかせませんが、原因と対策が分かれば、きっとその失敗も次へとつながるはず。
先駆者が経験してくださった事例は沢山ありました。でもそこをくぐりぬけて、成功者へとなった方はもっといました。

次回は、マンションオーナー失敗例の事例をもとに、どうすれば失敗しなかったのか?を検証していくとともに、そこに隠れた「成功の鍵!!」を見つけていきたいと思います。