金利にも種類があった!~固定型と変動型~

涼子です!

北海道に行ってきたという友達から、お土産で珈琲を頂きました♡
家に帰って淹れてみたら、まぁなんって美味しいのでしょうかー。びっくり!
なんでも、お土産を頂いた友達の知り合いが、北海道で始めたという珈琲屋さんの珈琲だったようで。

%e8%b1%86

家中に珈琲の香ばしい香りが広がって、幸せな気持ちになりました。

ところで、マンション購入、そしてマンションオーナーを検討しているみなさん。

金利って、種類があるの、知っていましたか?

「いやいやいや、そんなのもうずいぶん前に調査済みだよ~!どっちにしようか考え中!」と言う方も、

「なんとなく知ってるけど、詳しくはちょっと・・・・・・」という方も。

今日はそれぞれの個性と魅力を紹介します!
題名にも書きましたが、金利の種類は大きく分けて2種類あります。

1つは【固定金利】。そしてもう1つが【変動金利】です。

マンションを購入して、銀行から融資を受ける際、投資ローンでも住宅ローンでも、必ずかかってくるのが【金利】です。
融資を受けるタイミングで、固定金利にするか変動金利にするかを決めるのですが、「この時、まだこの2つの違いについてよく分からず、どっちにするか迷った。」というのはよく聞かれる声なんだとか!

それぞれどういう特徴があるのでしょう。

【固定金利】は、借りたときの金利がずーっと同じ!返済終了の瞬間まで続きます。金利が変わらないので、返済額もずっと変わりません。金利が下がるというチャンスもないですが、金利が上がるというリスクもない。でも、そのリスクがないからこそ、変動型に比べると金利が高めです。

【変動金利】は、その時の時流によって金利が変わる仕組みです。金利の変化によって、返済額に占める利息と返済元本の割合も変わります。(返済元本+利息=返済額)。金利が上がるというリスクがあるので金利は低め。といっても、返済額の上昇は、一回につき1.25倍までが上限と、上限で守られているので、それ以上高くなるということはありません。

ふーむふむふむ。

ちなみに前回終わりの方で話した、マイナス金利を上手に利用し、返済額を減らしたという賢いお方の種類は「変動金利型」を選んでいました。←早速伺いました

リスクが怖いので、安定金利の固定を選ぶ方も、もちろんいらっしゃると思います。

しかしながら!このマイナス金利時代。

金利によって、返済総額がかなり変わるということをよーく考えると、変動金利の方が良いケースも、ある!

変動という響きで、「うーなんだか怖いなぁ。なんだかちょっと怖いから、固定にしとこうかなぁ。」
固定を選ぶ理由がこんな感じだとしたら、このマイナス金利時代を生きてる私たちにとっては、もったいないかも!

そして、最後に、その返済総額を見事減額した方からの一言
「若いうちにわけも分からずマンション買ってから勉強しはじめたんだけど、し始めるともっと知りたくなって、勉強するようになるんだよねー。買うと、ほんとにそれが夢じゃなくて現実になるでしょ?もう他人事じゃない!ってなるの。なにごとも、自分のことになって初めて!真剣になることってあるよね(笑)」

です・・・・・・って!

なるほど確かに。
私も今の時点ですでに、もっと知りたい・・・(笑)

「他人事じゃなく、自分のこととして考えてみる。」

うん。真剣の度合い、絶対ちがいますね!!!

年末は、マンションオーナーの親戚にも会える予定なので、また為になること、聞けたらいいなぁ♪

それでは!