確定申告?青色申告?

涼子です。

先日帰宅したら、加入している保険会社からの配達が。

なにかな~と思いながら開封してみると、

【年末調整・確定申告を行う際に必要な書類:生命保険料控除証明書】ですの文字が。

え、もうそんな季節!?
なんだか私、ここのところ時間の流れのスピードにいつも驚いている気が(苦笑)

そして写真は、前回おなじく京都の写真(笑)

祇園こもりを出たら、もう外は、夜の帳がおりていました。

%e5%a4%9c%e3%81%ae%e7%a5%87%e5%9c%92
雰囲気最高の京都の夜。

もちろんお昼も素敵ですが、祇園の夜は、なんとも言えない情緒が漂っていました。

と、現実逃避終了です(笑)

話は戻って超現実的な、年末調整、確定申告。
OLの私は、確定申告を自分でする必要はまだなく、年末調整で還付されるお金をすこしウキウキしながら待つという程度のイベントなのですが。

しかし、です。

将来的にマンションを購入して、不動産投資をスタートしたら?

確定申告は、自分で行う必要があります。もちろんプロの方にお願いすることもできますが、その前に自分自身理解しておきたいですよね。
そして、その申告の色、は、青色申告が良いと言われています。

いつか私がマンションオーナーになった時のために、青色申告について調べてみました!

【青色申告とは?】

青色申告とは、複式帳簿等の手法を用いて帳簿を記載して、その記帳から所得・所得税・法人税を計算し確定申告を行うことを言います。

不動産投資の場合、青色申告が良いと言われていますが、一体全体どんな理由で青色申告が良いと言われているのか!

その1:ずばり節税メリット!
青色申告は簡易簿記と複式簿記に分かれます。簡易簿記の場合は青色申告控除が10万円。複式簿記の場合は65万円の控除となります。

その2:青色申告だと、赤字(←純損失と言います)の繰り越し控除が行えるという点。個人の場合、3年間の赤字繰り越しが可能とのこと!ちなみに法人の場合だと、9年間の繰り越しが可能だそう。結構長いですね。

その3:専従者控除が強い。配偶者、親族に支払った適正な給与を全額経費にすることが出来るんだそう!

青色申告するかどうかの申請は、マンションオーナーのような個人の場合、申告する年の3月15日までとされています。
不動産経営が事業規模になってきた場合は、所得や赤字額も増えるため、青色申告のメリットがますます大きくなるとのこと。

ううん、なんだかこれだけだとすっきり分かったような、まだ全然分かっていないような。

確定申告は、マンションオーナーになったら必ず通らなければいけない壁!

いかに上手に付き合うか、涼子、もう少し勉強が必要そうです。

ちょうど確定申告の季節も近づいてきたので、これを機に、引き続き勉強していきます!