住宅助成が強いのは新宿区。実はかなりお得な地区だった!!

涼子です!

あっという間に10月も中旬。

東京でも、薄手のコートは必須になってきましたね。

うー寒い><

この前までは、例年よりも気温が高いとニュースでやっていたはずなんだけどな。

寒くなるのはあっという間。

そして寒いのに、寒いからこそ?(笑)

知る人ぞ知る、行列必須の【祇園こもり】のパフェ、食べてきました~♡

%e7%a5%87%e5%9c%92%e3%81%93%e3%82%82%e3%82%8a%e4%ba%ac%e9%83%bd

この前も書いた、後輩の結婚式でもう10年ぶりくらいの京都に行ってきたときの写真です。

披露宴の素敵な食器とカトラリーにうっとり♡

良い写真が何枚か撮れたので、次の投稿でも京都のせちゃいます♡

弾丸だったけど、やはり京都は上品、おしとやか、そして何を食べても美味、美味、美味♡

すぐにまた行きたくなってしまいました。

そして、今日は地区ごとの助成制度紹介、ずばり【新宿区編】です!!

前回は渋谷区の紹介でしたね。渋谷区は、都内坪単価4位の土地。

1位~3位はものすごく高い。
そもそも、賃貸というより持ち家という印象。

マンションを買う&住むなら、坪単価4位以下を狙うのが成功のチャンス!というお話をしましたね。

今日調べた新宿区は、渋谷の次をいく5位!!
まだまだ人気の新宿、やっぱり人気の理由をいくつも発見!

早速行ってみましょう。

まず、私が最も注目したのが

【民間賃貸住宅家賃助成制度】というもの。

これ、一言で言っちゃうと・・・新宿区に住むと、家賃補助がでるんです。

もう一度言います。
新宿に住んでいるだけで、会社のいわば「住宅手当」のようなものが、区から出るんです!

これ、かなりかなりありがたい制度!

貰える額と年数は、立場によって違うようで

・学生及び勤労単身者→月額1万円(最長3年間)
・子育てファミリー世帯→月額3万円(最長5年間)

のようです。初めて知りました・・・もっと早く知っておけば・・・と早くも後悔し始めています笑

そして、住宅補助制度、もう1つ絶対に知っておくべき補助制度がこちら。

【子育てファミリー世帯居住支援(転入転居助成)】というもの。

これは、引っ越しの時に是非覚えておきたい制度。
新宿区外から区内へ引っ越すときに、契約時の礼金、仲介手数料の合計で、なんと最大36万円が新宿区から貰える制度があるんです!
また、引っ越し代の実費で、最大20万円貰えます。もうもはや、感涙です。(引っ越し荷物の搬送代で、引っ越し業者に依頼した場合に限りますので注意!)

さ、ら、に?
新宿区内で引っ越す場合にも助成金が出るそうです。
転居前後の家賃差額(月額最高2万5000円。家賃差額が2万5000円未満の場合は当該差額を助成)までも出してくれるとか。

これってほんとにほんと!?って思わず疑いたくなりますが、うん・・・。どうやら本当のようです。

住居系の助成以外にも、女性に嬉しい

【子宮がん検診】が、自己負担なんと900円で受けることができたり(20歳以上の偶数年齢)

【子供の医療費が中学校3年生まで無料】←なんと入院費、入院時の食事代まで助成されます。

だったり、シングルにもファミリーにも優しい新宿区><

新宿区、かなり太っ腹じゃ、ありません?

もちろん他にも新宿区に住む人だけの特権が沢山。

もっと詳しく知りたいという方は、新宿区の公式HP
https://www.city.shinjuku.lg.jp/

をご覧になってみてくださいね♡

あぁ私も、早速新宿区に住みたくなってまいりました・・・。

マンション物件、探してみようかな。

きっとこうやって、マンションの借り手が見つかるんですね。笑