会社員の不動産収入は副業になる?ならない?

涼子です。

夏休み、終わったといえどまだまだまだまだ!あっついですねー><

お盆は過ぎましたが、ようやく夏らしいことしてきました!

ちょっと遅めの、海♡

海

クラゲが少し怖かったけど、刺されることなく楽しめました!

と、海の家で飲むビールも、最高でしたん(笑)

そ・し・て。

今日は前回の続き。
マンションオーナーの叔父から発せられた一言。

叔父「言っちゃえば、節税になる場合が結構多いんだよね、しかもマンション投資って、株と違って副業扱いにならないし。」

この一言に衝撃を受けた私。

詳しく聞かないわけにはいかないし、調べないわけにもいかない。ということで、今日はそこのところ詳しく、掘り下げていきます!

まずは「副業扱いにならない」という点です。

目から鱗って、まさにこういうことね・・・・・・と感慨にふけってしまったんですが。

叔父が言うに。

当然ですが、サラリーマンやOLって、会社の規定は守らなければいけません。
そして、その既定の中には、「副業はNG」というのが、まぁ一般的。

もちろん会社によっては副業がOKな会社もありますが、日本の一般的な企業は、副業を推奨している感じではありませんね。

今まで、会社には秘密で副業していた方も、去年の「マイナンバー」導入で、会社にばれちゃうかも!?と焦った方をお見受けしました・・・。

もし会社にばれてしまった場合、もちろん副業はやめなさいと言われるだろうし、ばれた時点で何らかの処置はとらされる可能性、おおいにあります。最悪もし、減給やクビ、なんてことになったら・・・><

会社員としては、それが本当に怖い。

だからこそ、やりたいけどなかなか副業はちょっと・・・ってなります。

しかしです。

「不動産収入」は会社規定での副業にひっかかることは、まずないそうです。

会社以外での収入だから、副業なのでは?って思うんですけどね。でも、冷静になって考えてみると。

いたいた、いました、うちの会社にも。それも、直属の上司(笑)

うちの会社も副業はNG。

上司の場合、もちろん会社にも「マイホームの他に、マンション買って賃貸でやってるんだ。」とかまで言ってましたし。

どうして副業の規定にひっかからないのかと叔父に聞いてみたんですが。

「自分も会社にはちゃんと言ってるし確定申告もしてるよ。でもそれって副業?って言われたことは一切ないし、同僚も実際にマンションオーナーのやつ、いるしね。

思うに副業は、会社以外で労働することで、本業である仕事に支障をきたす場合があるという考えのもと、NGなんだよ。でも、マンションオーナーは?涼子も大体分かってきてるはずだけど、オーナーが毎日することって、ほぼないでしょ??更に言ってしまえば、オーナーがしなくてはならないもろもろの作業を代行してくれる不動産会社だってある。そうすると、マンションオーナーになっても、本業の仕事に支障をきたすことは、ない。

つまり不労所得ってこと。ここが大きな理由なんじゃないのかな?」

うううむ、納得。

もちろん、理由はこれだけではないかもしれません。しかし、叔父が言ったこの言葉、私としてはかなり腑に落ちました。

マンションオーナーに、会社員や公務員、OLさんが多いのも、不動産収入は副業としてカウントされないという実例に裏打ちされた事実なのではないでしょうか。

これって、私たち会社員にとって、かなりかなり大きなメリット、なのでは??

不動産収入なら、隠れてこそこそ副業する必要、ないのですね(感涙)

なるほど!だからか!そういうことかぁぁぁ!

となんだか感動してしまった次第であります。

さてもう1つの、「節税になることもあるんだよね~」という気になる一言については・・・

こちらも気になりますが、今日書くとかなり長くなってしまいそうなので、次書こうと思います!

まだまだ暑い日が続くと思うので、みなさんお身体気を付けてくださいね^^