目的によって選ぶマンションは違う?

涼子です。

IMG_3945

毎日暑いですねー、、早く夏休み来ないかしら、、あともう少し!

もう暑すぎて、今年初のカキ氷食べちゃいました♡

上にマンゴーのせたカキ氷、めちゃくちゃ美味しかったです(*^^*)

さてさて前回投稿した、住宅ローン金利値下げの一件、自分なりに考えていたんですが。

なんで住宅ローンだけの金利が下がっているのか、うーんやっぱり難しい。
もう一度改めて、復習してみることにしました。

住宅ローンと不動産投資ローン。(最近では、不動産投資ローンのことを、アパートローンと呼ぶ金融機関もあるようです)

大きな違いは、目的が違うということ。

【住む】ことを前提にした【住宅ローン】

【貸す】ことを前提にした【マンション投資ローン】

住宅ローンが【個人に対しての融資】なら、マンション投資ローンは【事業に対する融資】、つまり、利益がうまれるということ。借主が、実際に住居として住むことはなく、あくまで投資目的としての購入ということになります。

事情が全く違ってくる2つのローン、不動産という、購入する対象が一緒でも、当然融資条件や金利も違ってくるのは当たり前のことなんですね。

そもそも、住宅ローンは、返済原資が本人の労働力にかかっており、病気や怪我はもちろんですが、予定のボーナスがなくなったり、減給などになった場合のリスクという問題もあります。
これに対して不動産投資ローンは、入居者からの賃料収入によって返済してくわけですから、むしろ安全とも言えます。

住宅ローン金利が優遇されているのは、住居というのは人が暮らしていく上で欠かせない、ということから優遇されていると考えたほうがよさそうです。

では?

自分が住むために買うマンションと、利益を出すために買う不動産投資用のマンション。

この目的の違いによって、選ぶマンションに違いは出てくるのでしょうか?

スイートハウジングさんにお邪魔した際、伺った事項の中にこの質問があったので、ここで紹介させていただきますね。

【場所と立地】

これがどちらの購入に対しても重要なんだとか。

ただし、見るポイントはそれぞれ違うようです。

住居用に購入する物件は、ファミリータイプの物件なら駅近もさることながら、小学校や中学校が徒歩圏内にあるか、公共の施設が近いかなどもとても重要なポイントになってきます。

対して、賃貸の場合(1ルーム賃貸の場合)だと、駅近、もし可能ならば駅5分以内の物件を選んだ方が良いとされているそうです。

今、1ルームの場合を出しましたが、もちろん不動産投資の物件はワンルーム以外もありますが、投資として購入する物件は、価格や人生設計を考えた結果、一人暮らし用の部屋を購入される方が比較的多いとのこと。

一人暮らし用のマンションを購入してしばらくそこに住んだ後、賃貸にと考えている方にも同じことが言えそうです。

自分が住むところだし、ちょっと駅から離れていてもいいや!

それでも、そこにずっと住むなら問題はありませんが、いずれ賃貸に出そうとした時、立地によって空室リスクのパーセンテージ、だいぶ変わってきそうです。

パーソナルファイナンスにも言えますが、長い将来を見据えて物事を考え、決断すること。

これがとても大きなポイントに、なりそうですね。