マンション投資ローンと住宅ローン:その2

涼子です。
ジェラートピケカフェのクレープ

たまには甘い物を食べたいな~と言うことで、渋谷にあるお気に入りのカフェでクレープを食べてきました~♪

ほんと、美味しいんですここ。

甘い物って、癒される・・・。

さておなかも満たされたところで今回は、先日書いたマンション投資ローンと住宅ローンの違いの続きです。

どちらも似たようなジャンルに見えつつ、実際は全く異なる両者。

それは、【目的】が違うということ。

【住む】ことを目的にしている【住宅ローン】と

【貸す】ことを目的にしている【マンション投資ローン】

この目的の違いによって、どうやら審査基準が違ってくるようなのです!

住宅ローンは個人への貸付であることと、支払えなくなると住む場所がなくなってしまうという、借り手にとって大きなリスクが伴うため、返済が滞る心配はないだろうというように社会全体で考えられているそうです。その為、住宅ローンの場合は【本人の返済能力】に重点をおいた審査が基準のよう。

住宅ローンが【個人に対しての融資】なら、マンション投資ローンは【事業に対する融資】になります。借主が、実際に住居として住むことはなく、あくまでの投資目的としての購入。その為、マンション投資ローンの場合、本人の年収や勤続年数の他に、【事業の採算性・可能性】に重点をおいた審査になるそうです。

マンション投資ローンのほうが住宅ローンよりも審査項目が細かそうです。

でも、確かに納得。

住宅ローンは、利益を生まない。

これに対して

マンション投資ローンは、利益を生む。
ということは、やはり事業として見られるということです。

そう考えたら、お金を貸す方も細かくチェックをする必要性があるのは、もはや当然のことのように思えます。

そこは納得。では、次はもっと具体的に

その、マンション投資ローン審査をクリアできる基準って!?

気になる、ここ結構大事です。

マンション投資は私みたいなOLやサラリーマンの方が多いってよく聞いてます。実際、先輩や親戚もマンション購入して、投資しています。

でも審査が通らなければ、始まらないんですよね。これは大変、早く調べなきゃ!

長くなってしまったので、まとめて次回分で書こうと思います。

・・・年収、クリア出来てなったらどうしよう(笑)