税金対策にもなり得る!?

涼子です!
ほんと、日が長くなりましたね。今日は定時に上がれたので、
家に着いてもまだ空は明るい!!

なんだか得した気分になってしまい、今夜は外のベランダで夕食を食べることにしました♡
我慢できずにビールも(笑)
幸せなひと時を味わったあとで、さてさて本題です。

先日調べた地震の対策の時にちょっと出てきた固定資産税という言葉。

気になったので税金のこと、調べてみました!

最初に調べたのが、所得税と住民税について。

結果として分かったのが、マンション経営は節税対策にもなり得るかもということ。す、すごい・・・。知らなかった・・・。

例えばマンション経営で得る【賃貸収入】より、【必要経費】や【ローン返済】の金額が多い場合。(つまりは、マンション経営において、入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多い場合、ということですね!)確定申告の際にお金が戻ってきて、住民税も安くなる可能性があります。

ちょっと詳しく書きますと、ここで言う【必要経費】は修繕費や減価償却費、固定資産税などのこと。この【必要経費】・【ローン返済】の金額の方が収入より上回ることを【税務上赤字】と言います。

この【税務上赤字】が、キーポイント!

税務上赤字になると、【損益通算】が出来る!【損益通算】とは、税務上赤字の部分を給与所得などから差引くこと。損益通算を行うと、所得の合計が少なくなります。結果、年度末の確定申告で、計算上多く支払った分の【所得税の還付】を受けることが出来るのです!!!

更に、住民税を決めるのが、この確定申告の際の所得税の納税額。ということは、結果として住民税も安くなる可能性がかなり高い。

これって、知ってるとめちゃくちゃお得なんじゃ・・・・・・。

脱税ではなく、あくまでも節税。

うん、節税対策って知っておくのと知らないとではいざという時、雲泥の差が出そうです。

もちろん、毎年この節税が出来るかと言ったら、100%YESではないかもしれませんが、賢く運用するための知識として、知っておいて損はなさそうです。