もし今、私がマンションを購入したら。

涼子です。

老後に必要な額を知ってからというもの、保険や貯金の見直しをし始めました。
今、お給料でなんとか暮らしているものの、将来のお金のことまでは実際何も考えていなかったんだなぁと、反省です。

というか、社会人1年目からこつこつと貯金している友人が私の周りにもちらほらいましたが。そして、私は、そうではなかったのですが(苦笑)今になって「君たち、正解!」と声を大にして、熱い抱擁を送りたくなった次第。

でも。戻れないですもんね、あの頃には。

今、私が出来る最大限のことをやるのみ。そう思い直しました。

マンション

この前のコラムで少し話しましたが、今私が出来る対策としての候補の1つが【マンション投資】という選択。どうしてマンション投資が、私から見て魅力的に見えたのかというと、ずばり【私と同じような環境で、オーナーをしている方が沢山いる】という点が一番大きいかも。
マンション投資をされている方の多くは、私と同じように会社勤めの方や、公務員の方がとても多いのだそうです。それを知るまでは、マンション投資ってお金持ちの方がするようなイメージでしたので、意外だったとともに、「これなら私にも、出来るかもしれない?」と思ったんです。

マンション投資の他にも、株やFXなどの投資方法もありますが、日中は会社で仕事をしている私にとっては、株をやる時間的余裕がないのが事実。そうなると、あまり現実的ではないんですよね。

そしてちょっと調べてみました。今、私がマンションを購入したら?という素敵な妄想(笑)
今私がマンションを購入して、定年までに完済出来る様にローンを組んだ場合。月々の返済分は家賃でまかなうので、生活の負担はほぼない、はず。ただ、マンション維持費としての出費はあるはずだから、その準備は必要そうですね。

ローン返済後は、家賃収入がそのまま月々の生活費に!もし家賃8万円のマンションなら、年間にすると96万円。夫婦二人の最低限の生活費は年間276万円。年金受給額は年間178万円。差額は98万円。ここに、マンションの家賃収入96万円を充てれば、差額は2万円まで下がります。そして、定年よりも前にローンを払い終えていれば、定年後にむけての貯金にも充てれるので、差額なしでも生活出来る可能性は、高い!

あくまで希望的観測ですが。決して無理のあるものではないような気がします。

というか、あれ?私、いつまで働く気?そして、結婚してる気まんまんですね?と自分に突っ込みを入れたくもなりますが(笑)

今の仕事、好きなので出来れば定年まで頑張りたいなぁ。改めてそんなことを思っている自分にも気付いた一日でした。