そもそも、マンション経営って、どんなもの?

皆様こんにちわ。マンション経営をゼロから学ぶコラムを担当させていただくことになりました、涼子と申します。
今回は記念すべき1回目。初回は、【そもそもマンション経営ってどんなものなんだろう?】という素朴な疑問を解決すべく、早速調べてみました。手さぐり状態の私ですが、お付き合い頂けましたら幸いです。調べたところによると、マンション経営のしくみは私が想像したよりわりとシンプル。時系列にまとめてみると

①マンションを購入②住宅ローンを組む③第三者に貸し出す④家賃収入を月々の住宅ローンに充てて返済⑤ローン完済時には、マンションが自分の資産に。
という流れのよう。でも・・・・・・一般企業に勤める身分の私としては、この①に辿りつくまでがなかなか厳しいっていうのも本音。やはり、お金に余裕のある方がされる投資方法なのかなぁとも思ったのですが。驚いたのが、実はマンション経営を始められる多くの方が私と同じようなサラリーマンやOLの方なんだそう。

ほ、ん、と、に?笑

そんなことを思い、またしても調査開始。そこで見えてきたのは、意外にも会社員の方でも安心してマンション経営を始められる体制が整えられているということでした。老後の資産計画や、将来本当に年金がもらえるかどうかさえ不透明な今、会社員の私たちが年金以外の不労所得を求めるのは、私を含め自然の流れのことのように感じます。

でもなぜ、マンション経営なのか。そこには安心の保険内容と、他の投資に比べ少ない資金で始められるというメリットがあったんですね。この安心の保険とは、ローンを組んだときに大体の方が入るという【団体信用保険】のこと。この保険は、名義人に万が一の事があった場合、ローン支払い途中でも、返済義務がなくなり、その後のローンは払わなくても良いという保険。そして、マンションはそのまま資産として残るのだそう。ということは、もし私がローン支払い途中に天に召されたとしても、家族に迷惑はかけない。ということ、ですよね?これは、かなりの安心材料かも。そして月々のマンション返済は家賃でまかなえるので、生活を圧迫する心配もそこまでしなくてもよさそうです。

なるほど、だからサラリーマン、OLが長期的運用投資としてマンション経営を選択するのですね・・・・・・。彼らと全く同じ立場の私自身、今まで閉ざされていた【将来の為のマンション経営】の扉が、少しだけ開いたような気がします。
そして、気分の良くなった私はご近所のイタリアンバルヘ・・・・・・。ひとまず今夜は、ワインで乾杯~。

投資コラム